外せない絶景スポット・千畳敷

みなさんこんにちは!二拠点移住ライターの北川です。

<奈留島絶景スポット・千畳敷>

奈留島には絶景スポットがいくつかあるのですが、今回は、「千畳敷」という場所をご紹介します。友人が奈留島に遊びにきてくれた時は、必ず案内するという、私にとって外せない場所でもあります。

「千畳敷」と呼ばれる観光スポットは全国にもいくつかありますが、奈留島の「千畳敷」は平たい岩礁、緑の小島、青い海を同時に楽しめることができ、お得感と特別感を味わうことができます。

 <忘れられない故郷の風景>

奈留島の小学生にとっては学校の遠足の地でもあり、幼い頃から馴染み深い場所でもあるので、奈留島出身の人にとって故郷の風景として忘れられないと、郷土史にも記されています。

<力強さと美しさを感じます>

「千畳敷」の入り口が小高いところにあり、全体を見渡せるようになっているので、目の前の光景に、初めて訪れた誰もが圧倒されることでしょう。入り口の階段をおり、海辺の砂利を踏みながら近づいてくと、その広さにも驚かされます。畳1000畳も敷けるくらいの広さから、この名がついたといわれていますが、納得です!!

 小島に続く岩礁は、なんとも力強い!そして美しく、とても芸術的です。幾千年もの月日の中で、自然(波)によってカタチ創られたその姿に歴史を感じ、ふと、「ローマは一日にして成らず」という言葉が浮かびます。これから奈留島で事業を始めようとする私にとって、必要な言葉だな~と思ったり。「千畳敷」からありがたいメッセージを受け取りました。

 <オススメの撮影スポット>

 絵葉書のような「千畳敷」を写真におさめたい!と思う方にとっての、おススメ撮影スポットをお教えしましょう。

まず、舅ヶ島海水浴場へ向かいましょう。港から歩いていくには時間を要するので、タクシーやレンタカーを利用してください。車を降りたら、千畳敷の入り口に向かいたいところですが、そこをグッと我慢。左手に千畳敷を見ながら、坂道を少し上がっていきます。大林という地域方面に進む感じです。

海岸と岩礁と小島が全て見えたらそこがシャッターポイント。最も美しい姿が望めるといわれています。

こちらは私の撮ったものになります。いかがでしょう?なかなか上手く撮れたと思うのですが()

もちろん、海岸からでも岩礁の上からでも素晴らしい景色が臨めるので、ご自身の一番好きな景色をmikkeて、写真に収めてくださいね。

 <奈留島の千畳敷は日本一!?>

ある人に言わせると、どの「千畳敷」よりも奈留島の「千畳敷」が一番!だとか。私も他の「千畳敷」は写真でしかみたことがないのですが、奈留島の「千畳敷」は日本一!と感じるので、奈留島を訪れた際は是非是非お立ち寄りください。

住所:長崎県五島市奈留町泊

 

行って戻って奈留島
「mikke(ミッケ)」

長崎県五島市の真ん中、豊かな自然と人の宝庫です。ぜひ一度魅力を感じに来てください!一瞬でハマります。

ABOUTこの記事をかいた人

栄惠北川

東京・葛飾区より、五島列島の奈留島に移住。奈留島で島のためにできることを模索しながら、mikkeのライターとして記事を書いています。