「また、遊びにいらっしゃい」が癖になる。お家のような民宿

島の中心部に位置する、大きな看板が目印の「民宿まつもと」。道路沿いの建物ではなく、奥に進むと母屋と民宿が現れる。
チェックイン、チェックアウトの時間が決まっておらず、近くに商店が複数あることから旅の拠点にうってつけ。1人にも、20人を超える団体客でも対応してくれる。お部屋は、どの部屋にもテレビ、エアコン、こたつ、ヒーターが完備されており、共用部のキッチン、冷蔵庫、電子レンジ、お風呂、トイレも使えるため快適。 母屋に移り、朝早くからでも頂けるご飯は、どこか懐かしさを感じられる。天気が良ければ、宿主の息子さんからサザエやアワビといった海の幸の差し入れがあることも。食事中、くつろいでいるお母さんたちと、旅の話に花が咲くことでしょう。ちなみに、宿泊客が来る前日は、なかなか寝付けないという心配性なお母さん。どんな人が泊まりにくるのか毎回不安になるらしい。それでも、お客さんとお話してみると、どの人も良い人たちばかりで毎回うれしくなるという可愛らしいお母さん。帰るときの「また、遊びにいらっしゃい」に旅の元気を貰えることでしょう。

ジャンル 民宿
店名 まつもと
電話番号 090-1162-6363
住所 五島市奈留町浦375
営業時間 チェックイン・アウトは自由
料金 素泊まり3,000円,朝付き3,500円,朝夕付5,000円

行って戻って奈留島
「mikke(ミッケ)」

長崎県五島市の真ん中、豊かな自然と人の宝庫です。ぜひ一度魅力を感じに来てください!一瞬でハマります。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

行って戻って奈留島ミッケの運営/編集を担当しています。様々な地域にまたがり、地域の良さを発信しています。 奈留島を外から見た眼で、心地良い奈留島に訪れたくなるような記事を書いていきます。