漁師の島「奈留」で、老舗旅館のおもてなし

港から中心街に向かって海沿いを進んでいくと、ふと目に映る「旅館奥居」。
昭和25年から続く歴史ある旅館でありながら、島内の旅館では珍しい部屋の外鍵貸与や金庫の設置など、プライバシーを大事にしたい方には特にオススメで、御年91歳になられるお母さんとお手伝いをしているお姉さんが笑顔で迎えてくれる。寝具がベッドであるため、ベッドに慣れ親しんだ人でもぐっすり眠れることだろう。港に響く夜波の音を聞きながら、うたた寝できる幸せを感じて頂きたい。2階の客室から1階に降りると、浴室と食堂が構えてある。ヒノキを使った浴室では、体を芯から温めることが出来るため、疲れなど吹き飛んでしまう。食堂で頂くご飯はとても豪華で、お魚をふんだんに使った夕ご飯はお腹いっぱいになること間違いなし。
また、チェックイン・アウトがフリーであるため、フェリーで朝早く着いた後、重い荷物を預けて探索に出かけられることもポイント。

 

 

 

 

ジャンル 旅館
店名 旅館奥居
電話番号 0959-64-3135
住所 五島市奈留町浦1894
料金 素泊まり5,400円,朝付き5,940円,夕付き7,020円,朝夕付:7,560円

※料金は、執筆時の料金です。変動する場合がございます。

行って戻って奈留島
「mikke(ミッケ)」

長崎県五島市の真ん中、豊かな自然と人の宝庫です。ぜひ一度魅力を感じに来てください!一瞬でハマります。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

行って戻って奈留島ミッケの運営/編集を担当しています。様々な地域にまたがり、地域の良さを発信しています。 奈留島を外から見た眼で、心地良い奈留島に訪れたくなるような記事を書いていきます。