たまには地元に戻らないとな、と思わせてくれる民宿

中心街から少し離れたところ、漁港の近くに佇む「民宿しろやま」。
元は、民家であったこの地で6年程前から民宿を始めた。6部屋ほどあるお部屋には、お魚の名前や、五島の名産品の名前が付けられており、ユニークだ。パワフルなお母さんが切り盛りするしろやまは、「お客さんに合わせますよ」がモットーのほか、ちょっとした気遣いが素敵なお宿。出発が朝早く、朝ごはんを頂けないかもと伝えると、「じゃあそれより早くつくるから大丈夫!」とうれしい一言。お昼、フェリーの中でお腹が空くだろうからと、おにぎりを持たせてくれた。「お客さん」ではなく名前で呼んでくれるところ、「おかえりなさい」「いってらっしゃい」「お粗末様でした」がどこか懐かしい、ふるさとを思い出してしまう。
忙しない毎日を過ごす中、たまには地元に戻らないとな、と思うきっかけとなるような民宿。

 

 

 

 

ジャンル 民宿
店名 しろやま
電話番号 0959-64-2717
住所 五島市奈留町泊788-2
料金 素泊まり:3,500円/朝夕付:6,000円

※料金は、執筆時の料金です。変動する場合がございます。

行って戻って奈留島
「mikke(ミッケ)」

長崎県五島市の真ん中、豊かな自然と人の宝庫です。ぜひ一度魅力を感じに来てください!一瞬でハマります。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

行って戻って奈留島ミッケの運営/編集を担当しています。様々な地域にまたがり、地域の良さを発信しています。 奈留島を外から見た眼で、心地良い奈留島に訪れたくなるような記事を書いていきます。