‘なっじまんいち’でハーブをお披露目

みなさんこんにちは!二拠点移住ライターの北川です。

 <大盛況の奈留島産品会>

奈留島産品会「奈留島自慢市(なっじまんいち)」が、122日に奈留島総合体育館で開催されました。1回のこのイベント。奈留島の新鮮な魚、お野菜、特産品などが販売されるとあって、島の人だけでなく島外からも品物を求めて多くの人がやってくる大きなイベントです。

 この日にしか手に入らない物もあり、みなさん開場前から列を作ってスタンバイ。待っているみなさんから熱気が伝わります!イベント開始の合図が出ると、買い物袋とお財布片手にお目当てのブースに直行します。

お野菜や果物、漁協のお魚、手作りの品々(柚子胡椒や陶芸食器など)を求める人々で、あっという間に体育館が埋め尽くされました。

<ブースの準備には気合が入ります>

 前年度は、試験的にハーブを育てている段階だったので、ハーブの紹介という形で、「奈留de Her部」のブースを出させていただいたのですが、今回は奈留島で育てたハーブティーを販売することになりました。また、ハーブティーだけでなく、アロマ商品や精油などもご用意。

クリスマスの時期も近かったので、飾りつけもそれらしい雰囲気に!と力が入ります()そして、お客様と一緒に楽しめるようにと、ハーブくじなるものを用意したりと、色々と準備をしながら当日を迎えました。

 <奈留島産ハーブティーのお披露目>

「奈留 de Her部」の目玉商品は、奈留島産バジルのハーブティー。乾燥、葉の選別、お茶の梱包、表示シール貼りなど全て手作業で行うため、用意させていただいた商品の数は少なかったのですが、ありがたいことに完売!

ハーブティーを購入される方は、女性のお客様というイメージがありますが、男性のお客様も購入してくださいました。昨今の健康ブームが影響しているのでしょうか!?男女問わずハーブに興味を示してくださって、なんとも嬉しかったです。

<ハーブブース 思った以上に大盛況!?>

ハーブくじは子供たちにも好評で、ブースが密かに盛り上がり、その賑わいでお客様が来てくださるという相乗効果が生まれておりました!!(笑)また、ハーブや精油の効果効能や使い方をまとめたカードも役に立ち、その情報をもとに、ハーブやアロマ商品を購入される方も多くいらっしゃいました。商品を購入していただける喜びもありますが、なんといっても、みなさんと色々と会話をしながら、コミュニケーションをはかれたことが、このイベントでの一番大きな収穫になったように思います。

<次回のなっじまんいちに向けて>

 既に気持ちは、次回のなっじまんいちに向かっており、あれやこれやと頭の中で準備をすすめています。気が早いと突っ込まれそうですが(笑)今回の良かった点、反省しなくてはならない点を踏まえて、多くの人に喜んでいただけるハーブをつくっていこう!と感じた1日となりました。

次回開催日はまだ決まっておりませんが、この時期に奈留島を訪れた方がいらしたら、なっじまんいちを楽しんでみてはいかがですが?そして、奈留 de Her部のブースをmikkeた方は、是非是非お声がけください。お会いできることを楽しみにしております!

行って戻って奈留島
「mikke(ミッケ)」

長崎県五島市の真ん中、豊かな自然と人の宝庫です。ぜひ一度魅力を感じに来てくださいs!一瞬でハマります。

ABOUTこの記事をかいた人

東京・葛飾区より、五島列島の奈留島に移住。奈留島で島のためにできることを模索しながら、mikkeのライターとして記事を書いています。