奈留島の手作り食文化

みなさんこんにちは!二拠点移住ライターの北川です。

奈留の街を歩くと、「開き」になった魚がきれいに並べられ、干されている風景に出会います。都会では目にするこのない光景に、ちょっとテンションがあがり、海の街に来たのだな~と改めて思う瞬間でもあります。

<奈留島の手作り食文化>

奈留島では、干物やカマボコを家庭で作ることは珍しくありません。

アジ、イワシ、サバなどの魚が多く手に入った時は、保存を長くするために、一夜干しやみりん干し、塩漬け、カマボコなどにします。

先日、アジが大量に手に入ったので、私もカマボコ作りに挑戦してみました。

 

<手作りカマボコに挑戦>

まず、アジを三枚におろし、皮と骨を、手ではがしていきます。

この作業が一番大変でもあり、重要でもあります。

下処理したアジをサッと水で洗い、血や汚れを取り除いた後、氷水に数時間浸けていきます。

その後、水気をよく取り、機械でミンチにします。

ミンチにしたものをすり鉢に移し、卵や塩、砂糖などで味付けをしながら、粘りがでるまですっていきます。形を整えてしばらく寝かせたあと、お好みの厚さに切って、油で揚げていただきます。

<それぞれの家庭の味を楽しむ>

すり身の弾力ある歯ごたえと、かんだ時にジューシーなうまみが口の中に広がります。
作り立てでしか味わえない美味しさに感動します。

干物やカマボコの味付けも、家庭ごとに違うので、出来上がりをご近所さんや親しい人と、やりとりする楽しみもあります。「こちらのお宅は甘みがあるな~」「弾力があって食べごたえがあるな~」「ちょうどよい塩加減だな~」などなど。このお宅の味に近づきたいな、と思いながら試行錯誤して、自分のオリジナルが出来上がっていくのでしょうね。

手間はかかりますが、味付けもシンプルでカラダにも家計にも優しい。都会では、なかなか味わえない、手作りの食文化は、とてもありがたく貴重なものです。こうした食文化を大切にして、伝承していかなくてはならない想いをmikkeた1日でした。

行って戻って奈留島
「mikke(ミッケ)」

長崎県五島市の真ん中、豊かな自然と人の宝庫です。ぜひ一度魅力を感じに来てくださいs!一瞬でハマります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

栄惠北川

東京・葛飾区より、五島列島の奈留島に移住。奈留島で島のためにできることを模索しながら、mikkeのライターとして記事を書いています。