奈留島の隙間を埋める移住者

実は最近奈留島にも移住者が増えているそうです。
お隣の福江島は、島の人口からもわかるように、五島市の中心であり、数年前より少しずつ移住者が増えているようです。

移住者の像

福江島で数年前から増えてきた移住者は、親族が五島列島に何かしら縁があったりする「孫ターン」だったみたいですが、
最近では、縁もゆかりもないけれど、五島にやって来てみると、壮大な自然や人に惹かれて、ふらりと移住を決意してやってくる方が増えているみたいです。
こういう移住を決断できる人たちの特徴をみてみると、良い意味での「ふらり移住」が多いように思えます。
そういう意味で、若い女性の五島への移住が増えているのかもしれません。

この傾向をみると、新しい移住のターンに差し掛かっているのかもしれません。

奈留島への移住は、まちの隙間を埋めていく。

奈留島の移住者に目を向けてみると、魚や真珠の養殖業や、お医者さん、教会の魅力に導かれて移住する人など、奈留島に足りていない部分を補う役割を担う移住者が多いことが特徴かもしれません。

奈留島は福江島ほど、まちの機能が充実しているわけではなありません。
その機能を補うことで、移住者にとっての「まちの隙間」があるわけです。

その隙間を補いながら、経済的に自立する移住者が増えていくことが、奈留島にとって良い効果を生み出すのではないかと考えています。

 

奈留島には、まだまだ隙間があります。

自然豊かな暮らしを求めて、「移住したい」という方がいましたら、得意なことを活かしながら、島の暮らしを楽しむことができるかもしれません。

もちろん、移住という形が最良な形ではない場合もあります。
二拠点居住でも良く、定期的に遊びに来る形でも良いのだと思います。

それぞれの人生に、様々な選択肢があるはずです。
新しい地方との関わり方を見つけたい方がいらっしゃったら、
ぜひ、一度五島列島、奈留島に訪れて島の空気を感じてみてはいかがでしょうか。

 

行って戻って奈留島
「mikke(ミッケ)」

長崎県五島市の真ん中、豊かな自然と人の宝庫です。ぜひ一度魅力を感じに来てくださいs!一瞬でハマります。

ABOUTこの記事をかいた人

行って戻って奈留島ミッケの運営/編集を担当しています。様々な地域にまたがり、地域の良さを発信しています。 奈留島を外から見た眼で、心地良い奈留島に訪れたくなるような記事を書いていきます。