奈留島移住計画ーPart1

みなさんこんにちは!二拠点移住ライターの北川です。

<私の憧れベニシアさんの暮らし>

 京都の大原でハーブを育てながら暮らす、ベニシアさんというハーブ研究家の方がいらっしゃいます。 

初めて彼女の存在を知ったのが、ハーブの講演会で頂いた本がきっかけでした。

その本には、ベニシアさんご自身の生い立ちやハーブとの出会い、大原で育てているハーブ、日常でのハーブの活用方法などが、写真やイラストと共に細かく記されてあり、当時、ハーブの仕事に携わっていた私にとっては、とても心躍る1冊でした。

そして、いつか、こんな暮らしがしてみたいな~と、ハーブに囲まれる生活に憧れるようになりました。

それから10年の月日が流れ、奈留島でハーブを育てることになった私。

将来(主人が定年退職後)、奈留島で、ベニシアさんのような暮らしが出来たら最高だな~と思っていた矢先、奈留島である一軒の空き家と出会いました。

 

<奈留島で空き家との出会い> 

その物件は、主人の実家とは目と鼻の先。立地条件や佇まいはもちろん、なによりハーブを育てられるお庭があることに、とてもとても惹かれました。

既に奈留島版ベニシアさんになった気分で、あれこれ妄想が膨らみます。そうなると、毎日、この家のことが頭から離れません

そんなとき、この物件が、五島市の空き家バンクに登録されたというお話を聞き、さっそく、家を管理されている方に連絡をし、後日、中を拝見させていただくことになりました。

 

<レトロな雰囲気に一目ぼれ>

当日案内してくださった管理人さん(女性)は、とても感じがよく、安心感を与えてくれる方。
同い年ということもあって、すぐに意気投合(笑)

聞けば、こちらの物件は、彼女のお祖母様のものらしく。
ただ、お祖母様は大阪にいらっしゃるので、お孫さんである彼女が、カギや物件の管理をしているとのことでした。

建物の中は、昭和の古き良き時代の雰囲気が漂い、古民家のような造りです。
屋根裏部屋もあり、なんだかテンションがあがります。

もう一目で気に入ってしまった私。ここ以外は考えられないほど、この物件に惚れ込んでしまいました。

 

<家族会議開始!>

こちらの物件を購入したい・・・・。でも、家を購入するって、とっても大きな買い物です。
それに、住所を東京から奈留島に移さなくてはなりません。

考えなくてはならないこと、クリアしなくてはいけないことが沢山です。

一度東京へ戻り、それから主人と、この物件についての家族会議が始まりました。


編集部より一言

五島市には、子育て世代の移住者の支援制度があります。

子育て世代の方の移住が進むと、子供の声が聞こえるようになってうれしいですね。
自然豊かな場所で子育てしたいという方は、チェック!

もちろん、島ならではのゆったりとした空気の中で暮らしたいという方も、
まずは一度五島市、奈留島にも訪れてみてください。
五島市UIターン情報

 <続く>

行って戻って奈留島
「mikke(ミッケ)」

長崎県五島市の真ん中、豊かな自然と人の宝庫です。ぜひ一度魅力を感じに来てくださいs!一瞬でハマります。

ABOUTこの記事をかいた人

東京・葛飾区より、五島列島の奈留島に移住。奈留島で島のためにできることを模索しながら、mikkeのライターとして記事を書いています。