奈留島のおすそ分け文化

みなさんこんにちは!二拠点移住ライターの北川です。

奈留島で生活するようになり、うれしい驚きがいくつかあります。

そのひとつが、おすそ分けの多さです。

<奈留島のおすそ分け文化>

東京では、ご近所さんとの交流があまりなかった私にとって、
この「おすそ分け文化」はとても珍しく驚いたことのひとつです。

先日も、道を歩いていたら、農作業をしていた見知らぬご年配の男性から、「食べてみるか~?」と声をかけられ、採れたてのかぼちゃをいただきました。

ある時は、山で採れた果物、魚介類、ご自身の畑で作った、さつま芋や野菜を持ってきてくださったり。

 

 

ご近所さんから、「手に入ったから~」とお魚のヒラマサをいただいた同じ日に、親戚からもヒラマサをいただいたことも!(笑)

 

 

 

夕食の半分以上が、いただいた食材を使ったものだった、なんてことも珍しくありません。

でも、みなさんからいただくばかりではありません。

私も、この「おすそ分け文化」に少しずつ参加しています。

 

<楽しいおすそ分けループ>

私の、みなさんへのおすそ分けは、育てたハーブ。お義父さんがこしらえたお刺身にハーブを添えて、持っていったりします。

そうすると、また別の日に、山の幸や海の幸をいただくんです(笑)まさに、おすそ分けのスパイラル!

<おすそ分けは、島の人の楽しいコミュニケーション>

相手の負担になるような高価なものではなく、自分のところで育てたり、こしらえたものを

「ほんの気持ちです」と渡す、このおすそ分け文化。

相手の喜ぶ顔を想像しながら、品物のやりとりする風習は、どこか懐かしく、昭和の良き時代を感じさせます。

人との距離をぐっと縮めてくれる、島の人々の最幸のコミュニケーションをmikkeた1日でした。

行って戻って奈留島
「mikke(ミッケ)」

長崎県五島市の真ん中、豊かな自然と人の宝庫です。ぜひ一度魅力を感じに来てくださいs!一瞬でハマります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

栄惠北川

東京・葛飾区より、五島列島の奈留島に移住。奈留島で島のためにできることを模索しながら、mikkeのライターとして記事を書いています。