日本三大うどん 五島うどん

五島列島のことをお伝えする時間です。
五島の誇るべきレジェンドめしの一つに「五島うどん」があります。

五島うどんは、日本三大うどんなのか?

この五島うどん、日本三大うどんと言われていたり言われていなかったりします。

というのも、日本三大うどんを決めよう!という機関があるわけでもないため、きっちりと決まっていないそうです。

しかし、「讃岐うどん」と「稲庭うどん」は確定なのだそうで。
いや誰が確定させるのかはわかりませんが。

あと一つの枠を競い、「五島」、群馬県の「水沢」、富山県の「氷見」、名古屋の「きしめん」と名乗りを上げているらしい。

でも、五島の人はみなさん、口を揃えて「五島うどんは、日本三大うどんです」とおっしゃいますね。

そんな五島うどんを味わってみることにします。
五島うどんの特徴は、椿油を練りこんでいるから、ツルツルモチモチしているそうだ。
そして長崎のアゴだしで食べてみます。

五島に住みついた中国人が教えたなど、数多くの伝承が残っており、起源は確かではありませんが大陸から伝わった事は、間違いないようです。
五島列島は、その昔遣唐使の寄港地で、東西文化の重要な中継点でもあったのです。
つまり、五島は中国をルーツとする麺伝来の路であり、日本の麺ロードの拠点でもあったのです。
※五島手延うどん振興協議会

これは食べてみるのが一番。
さっそく、福江島の「うま亭」というお店が、フェリーの待ち時間にありましたので、立ち寄ってみました。
福江島ターミナルを出るとすぐ見えてくるので、わかりやすいかもしれません。
五島うどん

なんと、五島牛入りの五島うどん。

五島牛入りなのに、安い!680円!

日本三大うどんに確実に認定されるには、消費量も考慮されるらしいので、
みなさん、五島うどんを食べましょう。

でも、日本三大うどんではなかったとしても、美味しいので食べてみてください。

うま亭

住所 長崎県五島市東浜町1丁目8−3
電話番号 0959-74-3981
営業時間 10:00~19:30
駐車場 あり/無料/普通車5台
定休日 水曜日

行って戻って奈留島
「mikke(ミッケ)」

長崎県五島市の真ん中、豊かな自然と人の宝庫です。ぜひ一度魅力を感じに来てくださいs!一瞬でハマります。

ABOUTこの記事をかいた人

行って戻って奈留島ミッケの運営/編集を担当しています。様々な地域にまたがり、地域の良さを発信しています。 奈留島を外から見た眼で、心地良い奈留島に訪れたくなるような記事を書いていきます。